助成金活用

人材育成のための助成金活用のご案内

人材開発支援助成金の概要

助成金の対象となる訓練には、「特定訓練コース」と「一般訓練コース」がありますが、下記に「特定訓練コース」における若手人材育成訓練についてご紹介いたします。

人材開発助成金とは

・1名1コースあたり、最大50万円 賃金助成金支給

・1事業所あたり、最大1000万円支給

※詳しくは、厚生労働省のホームページ『人材開発支援助成金』をご覧ください。

人材開発支援助成金の詳細

対象企業

中小企業、中小企業以外

対象コース

・労働生産性の向上に資するもの

・成長分野に関するもの

・コースの実訓練時間が10時間以上であるもの(一般訓練コースの場合は20時間以上)

・Off-JTにより実施される訓練であるもの

対象者

・訓練開始日において、雇用契約締結後5年以内で35歳未満の雇用保険の被保険者

助成金(1人当たり)

賃金:1時間あたり760円 (中小企業以外の場合:380円)経費:45%(中小企業以外の場合:30%)

支給限度額(1人当たり)

賃金:1200時間(1コース当たり)

経費:下記の通り

※1年度1事業所当たりの支給限度額:1,000万円

※訓練受講数は1労働者につき年3回まで

助成金活用事例

弊社の研修コース「cloud.config Boot Camp ~Azure概要(インフラ基礎)編~」をお申込みいただいた場合の活用例です。

中小企業の場合

(注)上記は参考例であり、助成金支給を保証するものではありません。

(注)コースの価格は税率8%で算出しています。

対象者

※提出書類はこちらを参照ください。

厚生労働省 - 人材開発支援助成金(特定訓練コース)の申請に必要となる書類一覧